仏壇の賢い選び方

仏壇の購入を考える場合、漠然と選ぶのは避けたいところです。仏壇というものは長く使うことになり品質が大事なポイントになります。

購入する場合、設置する部屋の雰囲気に合っているかどうかも判断のポイントになりますし、サイズもあらかじめ把握して購入すると良いです。設置するスペースの寸法を測っておくことでスムーズな購入ができます。

購入の際は以下のポイントを押さえましょう。

1.宗派にあったお仏壇を選びましょう。

お仏壇はご先祖様が浄土で成仏されるようにとの願いから、浄土の象徴としての金お仏壇が好まれました。
今日では、浄土真宗は金お仏壇(金箔・漆)、その他宗派では唐木お仏壇(黒檀・紫檀他)が正式とされています。(詳しくはお寺様か「古屋鋪スタッフ」にお尋ねください。)

2.ご安置場所を決めましょう。

お仏壇は家族の誰もが親しみやすく、心静かに日々の礼拝や仏事を営める場所を選んで決めましょう。向きに関してはあまり気にされないほうが良いでしょう。
ちなみに置き場所の事例としては、仏間・床の間・直置き・タンスやボードの上等があります。

仏壇の寸法

3.長い目で見て選びましょう。

ご先祖様の供養には、お仏壇とその中に入るご本尊様やお位牌等のお仏具が必要になります。このお仏壇とお仏具の合計金額が、「ご予算」という事になります。

一般的に金仏壇は金箔が剥がれやすく手入れが大変というイメージをお持ちかもしれませんが、弊社が特許を取得した「GL加工」により、剥がれやすいという弱点を解消して、いつまでも輝きを失わず、キズがつかない夢の金仏壇が可能になりました。